NATRUEについて

日本薬事法務学会は国際的なナチュラル・オーガニックコスメ認証「NATRUE」の日本で初めての第三者認証機関です。

NATRUEとは

「NATRUE」は自然・オーガニック化粧品に関する厳格な基準の維持を目的として2007年に設立された、ベルギー・ブリュッセルにある国際的な非営利団体です。
設立以来NATRUEは現在のヨーロッパの自然化粧品市場において大きな役割を果たし、約130ブランド、3000製品が認証を取得しています。

現時点で自然化粧品に対する政府による基準は、どこの国にもありません。
自然の美しさを守り、そこから生まれる高品質のスキンケア製品の認知を促進するという目標から、NATRUE認証は高い基準を持ち、NATRUEラベルは、自然化粧品市場における消費者からの信頼を得続けています。
認証基準・プロセス等、あらゆる情報は一般に公開され、公正な第三者認証機関によって審査が行われることも特徴のひとつです。

化粧品には多くの合成成分を含むものも存在します。
NATRUEではこれら合成成分は不必要なものであると考え、可能な限り自然に近い高品質の原料を使用することを定めています。
重要なのは配合されている成分だけではありません。
原料の品質を保つことが自然化粧品の価値をも保証することであるとも考え、NATRUEは有機栽培農法、持続可能な生産方法、生物多様性を大切にする生産者をサポートしています。 

NATRUE、そしてNATRUEに参加している企業にとって、人間の文化的生活と自然との調和を保つことが存在意義そのものなのです。

厳格なNATRUE基準は、科学委員会によって開発されています。
委員会はNATRUE会員企業からの専門家、化粧品業界からの外部専門家で主に構成され、主要な利害関係者(原材料供給業者、団体、国際的な専門家など)もゲストやオブザーバーとして会議に招待されます。
このようにNATRUE基準は自然化粧品・有機化粧品分野の最新の技術開発よって基準の調和のとれた解釈や理解を促進するために常に更新されています。

NATRUE及びNATRUE認証についてのより詳しい情報はhttp://www.natrue.org/をご覧ください。

認証取得申請のお問い合わせ info@japal.org